新築施工例

リフォーム施工例


嫁ぎ先は工務店。
奥さまのこだわりをご主人や職人さんが一つ一つカタチにしたら
とってもステキなマイホームが完成。
ワクワクがとまらない内装術は必見!

福岡県筑紫野市注文住宅リフォーム木と漆喰の家自然素材末永ハウジング木の家

Sさんは末永ハウジングの跡継ぎである。
家族が増え、住んでいたアパートが手狭になり、そろそろ家を建てようと決めた。

「といっても、私は家にいる時間が少ないので、家づくりは妻に任せました。」
ただ、新築後はショールーム的な役割を持つため、”魅せる”家づくりがテーマにあった。

「子どもが巣立った後のことまで考えると、最後は平屋にリフォームできる家もいいよ。
子ども部屋も小学生から高校生くらいまでしか使わないから」と義父である末永ハウジングの
会長のアドバイスを受け、それなら1階を吹き抜けにしてリビングを開放的にしようと
間取りを決めていったと当時を振り返る。

末永ハウジングの過去の施工例をみたなかでも奥さまが惹かれたのは、シックな焼き杉の梁。
木と漆喰の家にこだわった奥さまにとって、焼き杉の家は憧れだった。
そこで、梁だけでも焼き杉を使用。
床には明るい色を合わせ、ツートーンのバランスの良いリビングが完成した。

自然素材に囲まれた家は、夏ひんやり、冬はあったか。
宝満山の麓にあるため、夏は窓を開けると涼しい風が吹き込んでくる。
ひんやりした心地よさを得られるのは、土壁と無垢の床だから。

帰宅するなり子どももすぐに裸足になりたがるほどの気持ち良さだ。

末永ハウジングがつくったSさんの住まい

玄関にタイルで模様を描いたのは、奥さまのお姉様。
その奥には太陽のモチーフも描かれている。

階段の横には、立派な大黒柱が存在感を示している。
大黒柱には、南九州産の杉を使用。
キッチンの上の白壁には、左官職人が手がけた富士山が隠れている。

お日様の暖かい光りが子どもたちに降り注ぐ家。
生活の中心のリビングを広々と構えて大正解!

職人さんのコラボによる特別な家造りが面白い。

うづくりの質感を持つ無垢材の床は、手入れが簡単で年月の経過とともに
あめ色に変化していくのも楽しみだという奥さま。

「普段のお手入れも簡単で、雑巾がけのような感じで、水モップでさっと拭くだけ。
掃除機も気にせず普通にかけています。」

小さな子どもがいるため、傷がついたら目立つとか心配していたけど、
実際のところはさほど気にならないという。

「ダイニングテーブルにも落書きをされてしまいましたが、
これもいい思い出になると義父に言ってもらいました。」と笑う。

話しを聞けば聞くほど、家づくりというよりも、家族の暮らしそのものに目を向ける
「末永ハウジング」ならではの家づくりの魅力が伝わってくる。

とはいえ、細部にまでこだわると予算が足りないのでは・・・なんて心配無用。
これまでも一人ひとりの思いに応えてきた昔からの職人さんたちがついていので、安心して相談してほしい。

「ずっと同じ職人さんとお付き合いしていますが、本当に素晴らしい人たちばかり。
お客さまからもお褒めの言葉をいただいています」と胸を張る。

まずは、家づくりへの愛情がたっぷり詰まった空間の心地よさを
肌で感じるため、家を訪ねてもらえたらとSさん夫婦。

高断熱、高気密の家の過ごしやすさを、リアルに体感してもらいたいと話す。

リビングの開放感を重視して、
アイランド型のキッチンを選択。
奥の食器棚のデザインも素敵。

リビングからつづく和室には、
土壁でデザインした床の間がある。

晴れた日は、自然光だけで十分に明るいリビング。
自然を身近に感じられる家づくりは、ぜひ参考にしてほしい。

細かなこだわりに「技あり」小さな仕掛けがあちこちに!

「カクカクした感じが好きではなくて・・・」という奥さま。
室内を見渡すと、いたるところに曲線が施されている。
「建具のデザイン一つひとつをオーダーしていったので、
考える時間がも凄く楽しめました。」

アイランド型のキッチンの奥の食器棚も、子ども部屋の扉のデザインも、
構造を見せるための和室の壁も階段途中の飾り棚も・・・。

いろいろなものが丸や曲線で仕上がっていて、家の中は優しい雰囲気に包まれている。

ガラス素材やタイルの色まで「こんな風にしたい!」という奥さまの
アイデアを職人さんたちが一つ一つ定年にカタチにしていった。

職人の腕があってこそ造れる。
スライド式の木の建具。

洗面スペースは、アクセントになる照明器具や
可愛い色合わせのタイルで女性らしい仕上がりに。

1階のリビングから2階の多目的ホールにつながる階段。
時間とともに室内の表情も少しずつ変化する。

記念写真を飾るスペースがほしかったと奥さま。
階段上の多目的ホールは
家族の大切なギャラリースペース。

2階の子ども部屋は、今はおもちゃの部屋に。
ドアにも可愛らしいデザインが施されている。
デッドスペースになるところを、
会長のアドバイスをもとにロフト感覚で使用。

日当りも良く洗濯物がすぐに乾く。
夏は、ここにプールを出してたくさん泳ぎました。
室内から子どもたちが見れるので安心です。

ちょっぴり遊び心を添えて、オリジナル感を楽しむ。

「100年もつ、本物の家」をテーマに、うづくりの床や漆喰の壁など、
自然素材をふんだんに使う「末永ハウジング」の家づくりは、
赤ちゃんにも快適な家づくり。

「実際に住んでいるからこそ家づくりのその後も見ていただけると思います」と奥さまも話してくれた。