新築施工例

リフォーム施工例

福岡県筑紫野市 O様邸 完成しました!

福岡県筑紫野市O様邸 完成しました!

平成28年3月13日地鎮祭を開催しました。
無事に家が建ちますように
祈りとお清めをさせて頂きました。

四隅にお酒と塩をまいてお清めをします。

鍬入れの儀 エイエイエイ!

山下さんと松尾棟梁による 杭打ちの儀
松尾棟梁あ担当します。 宜しくお願い致します。

基礎造りの様子
鉄筋を入れて強度を増します!

【基礎配筋】
点や線ではなく「面」で支える
安定した丈夫な基礎を作ります。

第三者機構JIOによる配筋検査 もちろん合格です!

【平成28年4月17日棟上げ】
朝8時より朝礼を行います。
皆さま、ケガのないように気をつけて下さい。

昨日の嵐が嘘のような、晴天となりました。

土台の上に柱を建てていきます。
柱に記された文字(いろはにほへと…)をみて
どこに建てるかを判断しています。

棟上げの様子は見守ります。
テキパキと作業する大工さんたちの姿に
見入ってしまいます。

柱の上に梁を打ち込んでいきます。
時には突風が吹いています。

高い所の作業なので気をつけて行います。

カケヤに力を込めて打ち込んでいきます。
カーンカーンと響き渡ります。

いよいよ大黒柱が入ります!
クレーンを使って、慎重に行ないます。
大工さん通しの掛け声が大切です。

大黒柱に梁が交差します。
2人でテンポよく打ち込みます。

屋根の骨組みを作っていきます!

お昼ごはんの様子 Oさまご家族、
大工さん、末永ハウジングスタッフと みんなで頂きます!
Oさま、準備など有難う御座いました。

お弁当美味しいね(*^^*) 元気にハイポーズ♪

ふうちゃんもたくさん食べました♪

下からみるとこんな感じです(*^^*)
家の骨組みができあがっていきます!

午後からは屋根の下地造り作業です。

杉の無垢材を一枚一枚手作業で取付けます。

上棟式 建物の守護神と匠の神を祀って、
棟上げまで工事が終了したことに感謝し、
無事、建物が完成することを祈願する儀式。

ご近所の方に来てもらって
餅投げをおこないました。 たくさん拾えたかな??

最後に大工さんO様のみんなで記念撮影
今後とも宜しくお願い致します。
O様も一日お疲れ様でした。

お気に入りの大黒柱と一緒に ハイポーズ♪
さきかちゃんとこうせいくんも お疲れ様でした。

第三者機構JIOによる躯体検査完了です。
もちろん合格です!

松尾棟梁による内装工事
床工事ももうすぐ終わります。

古賀板金さんによる板金庇屋根工事

外壁工事が始まりました!
担当は、山口さんです! 宜しくお願いします。

木目調のサイディングです!
仕上がりはどんなかな(*^^*) 楽しみです!

窓の枠を固定しております!

明日はいよいよ、見学会です!
スタッフみんなで、掃除など 張り切っておこないます!

平成28年5月29日
『骨組・断熱見学会』を開催しました!

社長が自ら作った、 ご来場者さまプレゼントの
キッチンペーパーホルダーと 小物入れは
あっという間に なくなってしまいました。

ご近所の方やOBさんなど
たくさんの方が遊びに来てくれました。
ありがとう御座いました。

リビングダイニングからみる天井
家を支える立派な骨組みです。
下から見上げて大迫力。

子ども室 将来のことを考えた間取り
入り口を二つ作り、壁で仕切ることができます。

壁にビッシリと敷き詰められた、 サーモウール断熱材。
サーモウール(羊毛)断熱材は、湿度の調整 防音・
防かびに優れており、 手で触れても安心の素材です。

社長とこうせいくんのツーショット
肩車に大喜びしていました(*^^*)

松尾棟梁 建具工事に取りかかります。

木を加工し組立作業に取りかかります。
一つ一つ違うので 細かく印をつけているのがみえます。

今日は、家族で造る、壁画製作の日!
お集まりいただきました(*^^*)

宮本左官さんが壁の漆喰塗りを行ないます!
こうせい君とさきかちゃんがじっと見つめます(*^^*)

汗をいっぱいかきながら
家族みんなで頑張りました!
もくもくと作業に取りかかります!

 

一番年下のふうかちゃんもお姉ちゃんに
お手伝いしてもらいながら
一生懸命タイルを貼っていきます!

そのとなりで松尾棟梁が建具に
ステンドグラスをはめこみます!
完成まであと少しです(*^^*)

平成28年7月30・31日(土・日)
『完成見学会』を開催しました!

約26組62名の方にご来場頂きました!
ありがとうございました。

リビングに造った、堀ごたつは家族が集まれる場所。
畳を敷いて囲っているので
ゆっくりとくつろぐことができます。

旅館風の掘りごたつは家族団欒の場所♪
忙しい毎日を助けてくれる家事動線も必見!

堀ごたつの中に入りたがる子どもたち(*^^*) かわいい♪

見学会では、社長やスタッフが詳しく
ご説明しますので 分からないことなど
なんでも質問してください。

お家のなかは、エアコン一つで何処に居ても快適!
夏暑くない、冬寒くない家。
しっかりとした家造りが大切です!

子ども部屋には自然と
お友だちが集まって遊びます。

完成しました!

旅館風の堀ごたつは家族団欒の場所♪
忙しい毎日を助けてくれる家事動線も必見。

玄間
藍色の天然石をはった土間
土間と床の高さを低く設定しているので
子どもも大人も使いやすい。

靴はもちろん傘も収納できるように
設計したシューズスペース。
すべて無垢杉の大工お手製。

玄間とリビングを分ける建具
建具には奥さまデザインの
鞠のステンドグラス。

主人がこだわっていたのは、
家族の距離がいつも近くに感じられる間取り。
“団欒ができる場所を作りたい!”ということ。

LDKのど真ん中に、掘りごたつを配置しました。
しかも小上がりではなく
床とフラットに旅館とかにありそうな感じ。

漆喰の塗り方も部屋ごとに変えたこと。

塗り方で印象も変わるので愉しみながら選びました!
こういう細かい選択ができるのもいいですよね。

将来のことも見据えて両親の生活のことも考え
家の中に段差はない方がいいなと思いフラットに。

 

段差がない分、窓~掘りごたつ~キッチンまでの
一直線の動線にふわりと風が通って
この設計でよかったな♪と感じました。

技術、細かな対応に、大工さんの凄さを感じます。

家族がいつも集まるダイニングには
力を合わせて作ったタイルの壁画

家族の気配をいつも感じるように対面キッチンに。
夫婦共働きなので時間短縮の動線も
念入りに考えました。

子ども室
将来の事を考え真ん中からしきれるように設計。
子どもたちの成長に合わせて
個室にできるようにしています。

据付の勉強机と収納室

寝室
床の間のある和室

大容量のウォークインクローゼット

造付けの棚とハンガー掛けパイプを設置
使いやすいさを考え細かく打ち合わせ。

トイレ
二人の共通の趣味のバスケ
ステンドグラスに入れ込みました。

奥さまお気に入りの可愛い手洗いボウルがあるトイレ
壁には昔ながらの漆喰を塗っているのでいつも清潔。

主人の唯一のこだわりはトイレで本を読みたいとのことで
単行本のサイズに合わせて
据え付け棚を作ってもらいました。
単行本のサイズの高さがこれくらいで…とか
話しながら楽しそうでしたね。

 

末永ハウジングオリジナルのトイレットペーパーホルダー
すべて無垢杉で仕上げています。

洗面室
ここには室内に洗濯物が干せるようにパイプを設置。

担当の山下さんに提案を頂いたのは、
洗濯機の真横に洗濯物干しスペースを作るというもの。

運ぶ手間もなし!夏も干すとき暑くないし!
一日中干しっぱなしで家を出れる!

リビングからつながるデッキ
夏は、子どもたちとお庭で花火をして楽しみました。
屋根もついているので洗濯物も干せます。

唯一大変だった土地探し
あきらめずに探して良かった。

お客さまアンケートより

Q、末永ハウジングと出会ったきっかけを教えてください。

もともと末永さんと今もバスケを一緒にする仲間で、まさか仕事が工務店だとは知らなかったのですが、
ふと何気ない会話でそれが分かってモデルハウスを見に行ったのがきっかけでした。
実際に行ってみたらかなり自分好みの家でびっくり‼

Q、なぜ、末永ハウジングに決められましたか?

他社さんは、設備の話ばかりで素材の話はほとんどなかったんですが、末永さんは家を建てる素材に拘り、
それがどういうメリットがありどう影響するのかなど解りやすく説明してくださったんです。
子どもが3人いるので、家族にアレルギーはいないのですが、素材の良さはかなり気になります。
そういう見えないところを真剣に考えているところに惹かれました。

ココに出逢うまでは、会社関係の知り合いに紹介してもらったり、建てた友人宅を拝見させてもらったり…
いろいろ見て回ってました。
ほとんどの会社がどこも洋風で、壁はクロスはっていて、床も集成材でどこも同じ感じがしました。

でも末永ハウジングはオール漆喰!床も無垢材!(はりつけている感じがない)末永さんのモデルハウスにわざと、
身体によくない素材の部屋があるのですが、そこに入らせてもらったりして、素材の違いは分かりやすく理解させてもらえました。

土地が決まっていなかったので、出逢ってすぐに家を建てることはできなかったですけど、土地探しをしている間も、
土地の提案も頂いたり、見つけた土地を相談させてもらったりしていました。

たまに、他の会社の建築条件付き好立地の土地が見つかるんですけど、
主人と満場一致で「末永さんところ以外は考えられないね」って話して断りました。

Q.家づくりで大変だったことはどんなこと?

巷ではよく、本当にゼロから造る注文住宅にすると打ち合わせが大変で最後はヘトヘトになるとか聞きますが、
うちでは全然そんなことがなく、楽しんで打ち合わせしていたら終わっていた感じです。

夫婦そろってフルタイムの共働きで忙しいので週末の打ち合わせ以外では、
平日に家づくりのことについて話す余裕は一切なし!

打ち合わせで決まらなかったことは、私たちへの宿題には極力せずに
営業の山下さんが「来週までに宿題にさせてください」と言って、後日2択で提案を考えてくださったり、
完成の想像がつかないのでイメージできないときは写真や図でわかりように説明してくださり助かりました。
営業だけでなくどのスタッフさんも気さくで、私たちが聞いたことは全員が丁寧に返してくれましたし、
なんだか親戚?というくらい気が置けなくて子供たちも懐いていて雰囲気もすごく良かったです。

唯一大変だったとすれば、土地探しに時間がかかったくらいですね。

Q4 家づくりでこだわったことを教えてください

私の(奥さま)の実家が平屋、主人の実家が2階建てなんです。
平屋の便利さは身を持って実感していたのと、主人のお母さまが子供が出て行ったら2階をほとんど使わないし、
使うにしても上り下りが大変!と言われていたので、平屋希望で話をスタートしました。

とは言っても、平屋は予算もそれなりに2階建てよりかかるので私たちを気遣い、
打ち合わせで「平屋メインと2階建てのプラン2つを間取り付きで持ってきますね。
見て比べて、将来のことも考えながら予算も含めて考えましょう。」と言ってくれて、平屋でいく判断がしやすかったです。

主人がこだわっていたのは、家族の距離がいつも近くに感じられる間取り。“団欒ができる場所を作りたい!”ということ。

LDKのど真ん中に、掘りごたつを配置しました。
しかも小上がりではなく床とフラットに旅館とかにありそうな感じ。
将来のことも見据えて両親の面倒も見ると思うので家の中に段差はない方がいいなと思いフラットに。

段差がない分、窓~掘りごたつ~キッチンまでの一直線の動線にふわりと風が通ってこの設計でよかったな♪と感じました。
あとは、漆喰の塗り方も部屋ごとに変えたこと。

Q.今から建てる方へのアドバイス など教えてください

家づくりは中の素材から見れるところがオススメだと思います。
だから、骨組みの段階から見れる会社など。
どこでも、親切丁寧は言われると思うんですけど話しやすいことや、臨機応変に対応していただけるかどうか
詳しく説明、要望に応えてもらえるところなど大切だと思います。

末永ハウジングさんの他の施主さんの見学会に行って思ったのは、私たちだけでなく
ほかの施主さんにも真心こめて親切丁寧なのが、施主さん同士で話していても伝わってきたのも印象的でした☆彡

 

Oさま、今までの工事有難う御座いました。今後とも末永いお付き合いをどうぞ宜しくお願い致します。