新築施工例

リフォーム施工例

自然素材住宅施工例 筑紫野市 子どもが一年中裸足で走り回る心地良い「うづくりの床」

自然素材外観

この家のお気に入りの点は?

・「柱と梁の構造材には宮崎産飫肥杉」、「うづくりの床板」、「昔ながらの漆喰」、「サーモウール断熱」と自然素材をふんだんに使用した家作り。

その他、ご意見や印象的なエピソードなどありますか?

住んで2年になりますが、以前の家に比べ、お掃除がグンと楽になりました。壁に使用した「昔ならの漆喰」が埃や有害物質を分解してくれるので自然素材のすごさを実感しています。空気も浄化してくれるので家の中ではトイレも含め芳香剤は一切使っていません。また、表面に凹凸のあるうづくりの床は、足触りが良く、しかも滑りにくいため、息子も毎日裸足で元気に走り回っています。

施工例写真

自然素材住宅玄関

杉板の天井で趣ある玄関。白い壁に陽光が差し込むと、漆喰の模様が美しく浮きたつ。

自然素材住宅リビング

床材は38mmの厚みのある杉板をふんだんに使用。表面は年輪を浮き立たせたうづくり加工で、足裏を心地よく刺激してくれる。足触りのよい杉板は熱を伝えにくく、夏はヒンヤリ。逆に冬は素足でもまったく冷たさを感じない。

自然素材住宅ふきぬけ

6mもの高さがある吹き抜け。壁には手塗りで丁寧に漆喰を塗ってある。幅は狭くても思い切って高くすることで、解放感が生まれた。

自然素材住宅和室

手持ちのテーブルに合わせて堀り炬燵を作った。天井に照明を埋め込みやわらかな光が注ぐ。

自然素材住宅子ども部屋

2階の洋室は間仕切りで2部屋になる。

自然素材住宅トイレ

トイレは「昔ながらの漆喰」の消臭力が特に実感できる場所。芳香剤を置かなくても、清々しい空気が舞う。

物件スペック

家族構成

大人2人子供2人

地域名

筑紫野市

工法

在来木造軸組(木造在来)

竣工年月

2006年11月