新築施工例

リフォーム施工例


家がほしいと思ったら

「家が欲しい」と思ったあなた、初めて家を買おうと思ってもいったい何をすればいいのか、さっぱり分からない事が多いのではないでしょうか?

家づくりはこんな風に進みます。

①お金について考えます

家づくりにいくら、どんなお金が必要だと思いますか?
家づくりには「建築工事費・諸費用・保険費用」などが必要となります。
また、そのお金は自己資金で準備したり、住宅ローンを利用したりして準備します。

住宅ローンにもいろいろとあり、民間金融機関(主に銀行)の住宅ローン、公的機関(住宅金融公庫や財形住宅融資など)の住宅ローンなどがあります。それぞれのローンで融資条件や金利などが異なります。
ご自分に適したローンを検討しましょう。


②土地について考えます

土地は不動産会社に依頼して探してもらうのが一般的な方法です。でも、ご自分で知っておいた方がいい事もたくさんあります。
土地価格の基準、都市計画法や建築基準法などの法律、土地の大きさに対してどれだけの広さの家が建てられるか、など、土地一つ選ぶにしても様々な要素が必要になります。

また、土地選びの際には生活しやすいかどうかをしっかりと調べる事も大切です。


③新しい住まいをイメージします

様々な住宅会社があります。ハウスメーカー、工務店、設計事務所・・・それぞれ長所と短所があります。
ご自分たちはどのような家を建てたいのか?によって、依頼先を選ぶ事も必要です。

各会社それぞれ得意な建築工法があります。ご自分の家はどういった工法で建てたいのかという事が分かれば、その工法が得意な会社に依頼する事も出来るでしょう。


④イメージを具体化します

そして、その会社と一緒にあなたのイメージをどんどん形にしていく作業が始まります。
候補にした住宅会社の過去に建てた家を見せてもらいましょう。そして、出来るだけその施主のお話を聞いておきます。
いろんな図面、見積書が出てくると思います。イメージと図面、費用、分からない事がたくさんあると思います。遠慮せずにどんどん質問して下さい。

また、あなたの要望がきちんと図面に反映されているか、要望を受け取るための資料や書類が用意されているかチェックしましょう。


⑤現場着工

現場着工前に工事中のあなたの役割や予定が決められているはずです。もしも何も指示がなければきちんと聞いておきましょう。

工事前の近隣へのご挨拶や地鎮祭、上棟式など、施工中でもいろんな事があります。スケジュールをきちんと確認しましょう。


⑥引き渡し・引っ越しなどの手続き

引き渡しの前に必ず検査があります。
引き渡しの際にいろんな書類を交わします。これらの書類で保存が必要な物はしっかりと保存しておきましょう。

また、「竣工図」は大切に保管しておきましょう。